セルライトとは何か?

8月 27th, 2014

お腹まわりや太もも、お尻の付け根など、脂肪がつきやすい場所によく見られる凸凹とした肌表面の塊のようなものをセルライトといいます。
これは皮膚の下で脂肪と老廃物が固まったもので、大きくなると表面に現れて凸凹とした見た目になってしまうのです。

セルライトの語源はフランス語の「Cellule(細胞)」と「ite(鉱物)」が合わさったもの。
皮膚の見た目がオレンジの皮に似ていることから、英語圏では「オレンジピールスキン」と表記されます。

セルライトは男女ともになりますが、女性は男性に比べると皮下脂肪が多いため、女性の方が圧倒的に多くできます。

実に80%の女性にセルライトができると言われているんですよ。
また痩せているからできないというわけではなく、ホルモンバランスによってできることがあるので、すべての人にセルライトができる可能性があります。

体を構成する細胞の種類であり、体の熱を放散させる役割のある脂肪細胞。
この脂肪細胞の周りにある毛細血管や毛細リンパ管などの循環機能が悪くなると、そこから出てきた老廃物と脂肪細胞が結びついてセルライトを作っていきます。

その期間は2~3年と言われおり、その後表面に現れるのです。
またセルライトが大きくなると、そのセルライトから出た老廃物が新しい脂肪細胞と結びつき、新たなセルライトを作りだすという悪循環が生まれることもあります。

さらにセルライトは年齢を重ねると、どんどん大きく広がる傾向も見られるので、早めの対策が必要となります。

セルライトのケアを行うことによって、見た目だけではなく、内側からもきれいになるでしょう。特に、セルライトエステでキャビテーションなどのマシンを使ってセルライトを砕きまくるのがおススメです。
また、健康のためにもセルライトをなるべく作らないことも大切です。
毎日の生活を見直して、循環機能が悪くならないようにしましょう。

スーパーで売ってるお花って

7月 15th, 2014

この間、お彼岸なのでお花を買ってきました。
いつもと違うスーパーで買ってきたのですが何日たってもすごくお花が綺麗に咲いています。

今までは4日くらいでしなしなとしてきて元気がなくなったり、花弁がひらひらとしてしまっていたりしたのに。。。いいことです。
今度からはこっちのスーパーで買うようにしよう。新鮮なお花の見分け方って難しいなぁ…。
綺麗に咲いているからと思ってもすぐダメになってしまったり、つぼみだからこれから咲くだろうと思ってもうまく咲かなかったり。

春になって暖かくなってきたので庭に少しお花でも育ててみようかな。切り花にしてもOKなお花。
そうすればいつでも仏壇が華やかになって、嘱託や玄関にも飾ったら華やかになってとってもいいだろうな。

テレビをみることは大切

6月 28th, 2014

昨日、久しぶりにまるちゃんとサザエさんを見てとても懐かしくなりました。

ちゃんと見たのは4年振りくらいかもしれないですね。
私は波平さんの声優が変わった事すら知らなかったです。
旦那と一緒に見ていて、コナンの目黒警部と一緒の人だと聞き、確かに言われてみれば目黒警部の声で、少しテンションが上がりました。
初めは違和感を感じましたがすぐに慣れましたね。

私は普段テレビを見ない方で、家で何をしているのかとよく聞かれますが、大抵はケータイばかりみたりご飯を作っていると旦那が帰ってきます。

そして旦那もテレビを見ない人なので帰って来てからは一切テレビをつけません。

でもテレビも見ないと家にばかりいたら最近の事に全然ついていけなくなってしまいますよね。

ちゃんと世間の波に乗れるように、テレビも活用したいと思います。

チームバチスタシリーズにはまる!

6月 27th, 2014

普段あまりテレビをみない私ですが、この1月からはチームバチスタシリーズの4作目にはまりました。

ネットでの評判はあんまりだったし、視聴率もそうでもなかったみたいだけど、田口先生と白鳥さんの名物コンビのやりとりが最高でした。
毎週録画で2回は見ちゃいました。映画で最後なんて寂し過ぎです!

まだまだ原作は有るんだからやって欲しいです。原作本は読んでないけど、チームバチスタ栄光からずっと見続けて、今回のドラマと平行に過去のものも再放送で全部見ちゃいました。

子供がいるから映画はDVDが出るまでお預けなのが悔しいところです。旦那に預けて見に行こうかなぁ。なんて。

予告もすごく気になる作りだったし、行きたいなぁ。

ちなみに、今はバチスタ手術はやっていないらしいですね。医学の進化ってすごい!

ウィンドウショッピングをしに街へ

6月 9th, 2014

春になり衣替えの季節になりました。私は、寒がりなので服装は冬モードです。

この春は、柔らかくて明るい色の服を取り入れたいです。例えば普段あまり着ないイエロー系とかいいですね。

イエローは気分を明るくしてくれますし、表情も華やかになりますよね。優しいグリーンもいいですね。
エメラルドグリーンは私の好きなカラーなので取り入れたいと思います。

もうそろそろスカートを履いて外に出てもいいかなと思っています。寒くてなかなか履けないスカート。生足で外に出る女子高生はすごいですね。
私が学生の頃はストッキングを履いていましたよ。電線ばかりしていました。

パンプスを履いて可愛いバッグを持ってお出かけするのが私の理想です。サマンサタバサの新作のバッグが春色でおしゃれですよ。
ピンクやブルーのバッグを持ってファッションはガーリーにして佐藤ありさちゃんみたいに可愛い女性になりたいです。

春物のバッグを買うためにお金を貯めるぞ。自分を磨いて頑張ります。

緑のじゅうたんがびっしり

5月 11th, 2014

三連休に近場の自然公園までお散歩してきました。
もともとあった山を活かして作られた自然公園なので広い雑木林があるのですが、さすがにまだまだ丸裸です。
桜ももう少し先のようですね。
一方で、雑草はみるみる背丈が伸び、びっしりと茂っていました。
雑草が多い茂る広場はさながら緑のじゅうたんのようで、その上を歩くととても気持ちが良かったです。
その公園には大きな池もあり、暖かくなると小魚やおたまじゃくし、ザリガニ、アメンボなど小さな生き物たちであふれかえります。
しかしその池もまだ生き物の気配はありませんでした。カエルもまだ冬眠中なんですかね。
桜の花見や池の生き物たちを拝めるのはもう少し先のお楽しみになりそうです。

雪国に春がやってきたよ

3月 25th, 2014

きょうからやっと春らしい季節になり、外に出るとポカポカして気持ちがいいです。
雪国なので、冬の間は洗濯物やお布団が外に干せないので、今日からは思いっきり外に干せます。

朝からベランダを掃除して、手すりや物干し竿を雑巾で磨きました。
約三か月ぶりの事なので、すごいほこりが溜まっていました。
冬の間は、寒くて窓も開けられませんから掃除をする時も窓を閉めている事が多いので、
今日は窓を全開にして家中を掃除しました。家の中に新鮮な空気がいっぱい入ってきてすがすがしいです。
つい何日か前まで、雪が降っていたのですから、本当にこの季節は雪国の人間にとっては、長い冬ごもりから抜け出した気持ちになります。
お花もいっぱい咲きだして、いい季節がはじまります。

輸入キウイジュースの罠?

3月 24th, 2014

今さっきニュースで見たのですが…
果汁100%と謳われてある会社から輸入・販売されていたキウイジュースが、実際は果汁30%程度だったそうです…

旦那に言われて気付きました。「お前、こないだアレ飲んでなかったっけ?」
ニュースを見てびっくり。そう、そうです!先日、家族で出かけた際にものすごく喉が渇いていたので、
たまたま入ったドラッグストアで処分価格で売られていたキウイジュースがとてもおいしそうに見えたので、買って飲んだまさにそれでした。
確かに果汁100%と書かれていたけれどそれっぽくなくて、品質表示をなんとなく見たらいろんな添加物のようなものが入っていて、
輸入品ってこういうものなのかな…と思ったのでした。
そうか、あの時感じた違和感はコレだったのね…。納得しました。

元気が出る映画を観てきましたよっと。

3月 18th, 2014

先日、LIFEを観てきました。
時間ギリギリに劇場に入ったのですが、けっこう・・・かなりガラガラ。
入った時には私たち夫婦と10人ちょっと。あれ?あんまり人気のない作品なのかしらと正直複雑な気持ちになりました。

私の勧める映画ってけっこう偏りがあるのか、高確率で色んな意味で外してしまうことがあるのです。

旦那と行く映画は特に。今回ももしかしたらそのパターンかも・・・と思いながら観ていたのですが、結構好きかも。
ひどい妄想映画かもと序盤は、思っていたのですが、純粋に元気のでる映画だなと感じました。

現実の私が、ここ最近元気がなかったからか、ダイレクトに染みやすかっただけかもしれないですが。。
平穏な日常を打破?するのは、少しの勇気と行動力って文字にすると結構軽いけど、実際ってほんと難しいですよね。
でも難しいからってなにもしないままじゃ何も変わらない。やるだけやってみようってなんだか照れくさいけど、そういうことかなって。

今日からまた新しい1週が始まるけれど、元気が少し湧いてきました。

スポーツは子供の為にも健全であってほしい。

3月 10th, 2014

私は中学時代から清原君の追っかけをしていました。甲子園まで出向くほどでした。その話は、主人はもちろん、清原君がテレビに出てくるたびに子供にも話していました。

ところが、最近清原君の薬物疑惑がネット上を賑わせています。もちろん私は清原君を信じています。体を酷使してきたので、引退されてから、何らかの治療が必要だとも思います。それをよりによって・・・。

清原君だけではありません。スポーツの大きな大会のたびにそういう疑惑がでてきますよね。でも、その選手にあこがれて日々希望を持って生活したり、運動している私たちや子供たちは、疑念を持つこと自体、悲しくてならないのです。

そんな報道がでないように、スポーツ選手たちだけでなく、この世の中が変わっていってほしいです。